弁護士費用を計算

弁護士費用を計算

弁護士によって債権回収の問題を扱ってもらう場合、それなりの費用もかかってしまうことも覚えておきましょう。例えば、債務者に対する最初の一手ともなる内容証明郵便での督促状の送付でも、着手金で数万円かかることがあります。

また、万が一裁判にまでもつれてしまった場合には着手金が最低でも10万円ほどかかってしまうので決して安いとはいえないでしょう。数万円の債権の場合には弁護士に依頼するとかえって高くつく音が十分あり得ます。また着手金のほかに成功報酬を支払わなければなりませんので、トータルとしての支払金額は決して少なくないでしょう。ですから、債権額がいくらなのかは弁護士に相談したほうがいいのか、自力で取り立てたほうがいいのかを判断する重要な基準となります。

しかし、法律事務所によっては、着手金が無料になる低額プランを設けている場合もあります。プランによってサポート内容は変わってきますが、なるべく少額で進めたい人には嬉しいプラン内容です。相談だけであれば何度でも無料と謳っている法律事務所もありますので、まずは自分が希望する内容にあてはまるプランを探してみるのも良いでしょう。成功報酬の支払いはどうすることも出来ませんが、法律のプロに無料で相談できるのは嬉しいサービスです。利用できるものは利用しましょう。

参照|http://www.adire-saikenkaisyu.jp/fee/

弁護士に依頼することで、債権回収に向けた真剣な態度を債務者に示すことにもなりますので、場合によっては債務者との良好な関係が損なわれてしまうという危険がありますが、債権回収に関する問題が発生している時点で、すでに良好とは言いがたい状況です。長年取引をしてきたような相手の場合は少々気が引けるかもしれませんが、どうしても回収できそうにない場合は正式な手はずで回収できるようプロにお願いした方が良いと思います。回収できない状況が長引けば長引くほどに状況は悪化していきます。弁護士への依頼はもちろん慎重に検討したほうが良いですが、無料であれば一度相談してからでも遅くないと思います。

 

納得がいくまで確認

弁護士に支払う成功報酬についてもそのニュアンスに注意が必要です。成功というのは依頼した側にとっては債権を文字通り回収できた状態をイメージするかたもいるでしょう。

しかし、弁護士側からすると、裁判にせよ、双方の話し合いにせよ、返済についての約束を取り付けた状態を指すことが少なくありません。ですから、実際には1円も回収できてはいない状態で成功報酬を支払わないといけないことも少なくなく、その後に債務者が履行するかどうかまでは関与しないということもあるのです。

こうした言葉のニュアンスの違いを明確に理解したうえで弁護士に相談しないと、債務者との問題は解決を見たとしても、弁護士費用の支払いの段階で弁護士ともめてしまうこともあるでしょう。

もちろん、最初の段階で弁護士は成功報酬を含めた請求額をわかりやすく依頼者に説明すべきです。もしも、当初の話とは異なる請求をされたり、全く聞いていなかった費用の負担を要求されたりした場合には、その弁護士の所属する弁護士会に一度問い合わせてみると良いでしょう。弁護士費用はその弁護士や弁護士事務所によっても差があります。納得のいく形で弁護士に相談できるように、面倒くさがらずに細部まで確認しておきましょう。